バレエピラティスの相乗効果について解説!【ダンサー必見】

北摂エリアの吹田市・摂津市 千里丘で開催している「ピラティス&パーソナルトレーニングスタジオ コアセンス」のTOMOEです。

新スタジオでは、ピラティスパーソナルトレーニング、産前産後の女性のトータルケアを中心に行っていきます。

私自身も3歳からクラッシックバレエをしております。現在もバレエを継続して実施しています。

その経験から、バレエピラティスの相乗効果を解説していきたいと思います。

バレエピラティスとは?

まず、ピラティスとは?

ですが、

ピラティスとは、ジョセフ・ピラティスが提唱したメソッドで、背骨や骨盤の動きに焦点を当てたエクササイズです。

ピラティスは、身体に負担をかけず、強くしなやかな筋肉をつけることを目的としたエクササイズです。

なかでもお腹周りを中心に深層の筋肉を意識して鍛えること、骨盤や背骨、肩など骨格のゆがみや偏りを正しい位置へと整えることに重点を置いています。正しい姿勢へと導くことで、ケガをしにくい身体づくりにも役立ちます。


体の使い方を学ぶ基礎トレーニングとして、多くのアスリートやダンサーにも選ばれています。

多くのダンサーから、選ばれているピラティスですが、このピラティスエクササイズが、バレエダンサーにとって、最適といわれています。

バレエピラティスとは、バレエダンサーが必要な筋力をピラティスのメソッドを用いて、基礎筋力、柔軟性、持久力、瞬発性を鍛えていくことを指します。

科学的研究結果に基づいても、ピラティスは、ダンサーに必要な筋力(体幹の安定性・腹筋力)、バランス、姿勢、柔軟性の向上に効果があると立証されています。

ピラティスは、バレエダンサーにもすごく効果があるんですね。

私も3歳からクラッシクバレエをしていますが、実感をもって効果ありますね。

更に詳しいピラティスの歴史等を知りたいかたは、こちらの関連ページを御覧ください

バレエピラティスの効果について【ダンサー必見】

バレエピラティスの具体的な効果について、簡単に解説していきます。

バレエとピラティスは、どのように関係があるのでしょうか?

なぜ、バレエダンサーがピラティスを取り入れると、ダンスパフォーマンスが向上するのでしょうか?

バレエダンサーの観点でバレエピラティスのエクササイズで得られるメリットは以下の通りです。

  • 身体の軸がしっかりと身に付き、体幹を強くすることでバランスが取りやすくなる
  • 体に無理のない正しく美しいボディーラインが作られる
  • ダンスをするために、必要なコアの筋力を効率よく強化できる
  • 正しい身体の使い方を身につけることでケガの予防ができる
  • 集中力や身体意識が高まり、メンタルコントロール力が身に付く

また、より具体的に、これからバレエをされている方がピラティスエクササイズで得られる効果の例は以下です。

よく、バレエを習っているときに、「おなかを引き上げて!!」といった言葉がバレエの先生から指摘があると思います。

最初のころは、

「???」

「お腹を引き上げる?」

「どういうこと?」

という感じで、体感的に理解が追いつかないことがあると思います。

ピラティスで基本動作として、トレーニングをするときに、深層の腹筋や骨盤底筋群を収縮させること意識して、「基本動作」を学びます。

この基本動作を保つことが、バレエの現場でいわれている「おなかを引き上げて」と同じ動作になります。

この動作はなれるまで時間がかかりますが、一度身につけると、体が覚えてしまえば、簡単にできるようになります。

このピラティスにおける基本動作、「お腹を、ひっこめた状熊で胸を側方に広げて呼吸し動くこと」を練習するので、バレエ・ダンスの中でも、簡単にできるようになります。

次に、ピラティスで学ぶニュートラルな骨盤、背骨、と

バレエの現場でバレエの先生が言う「まっすぐ立ちましょう」

は共通点があります。

ピラティスを学べば、自分の 正しい骨の配置、姿勢のチェックが自分自身で可能になります。

ピラティスのエクササイズは、姿勢を歪ませる筋力のアンバランスを改善できます。

上記のように、ピラティスは、ダンサーにとって、筋力低下や低可動域による怪我から身を守るための優れたなエクササイズです。

ピラティスは、ダンサーにとって最適な流動的でコントロールされた動きに焦点を当てております。

エクササイズで筋肉群を強化してコントロールと精度を高め、ダンサーが過度のストレッチや過度の伸縮によって怪我を抑制します。

ここまでは、バレエピラティスで得られるメリットを簡単に解説してきました。

次に、具体的なバレエピラティスについて方法を解説します。

バレエピラティスの具体的な方法

また、ピラティスが初めてという方に向けて、少し、ピラティスの具体的な方法を解決いたします

ピラティスの実施方法には、マシンピラティスとマットピラティスがあります。

その手法の違いは、以下のとおりです。

・マシンピラティス:リフォーマー等のマシンを利用して実施します

・マットピラティス:マシン等の器具は利用せず、マットのみで実施します。

マットピラティスは、大きな器具を利用せず、自宅や省スペースな場所で手軽にできるといった利点があります。

マットピラティスは、自分のカラダの重さを使ってカラダを鍛える自重トレーニングしながら、身体全体的のボディーラインを整えるのに効果的です。

一方マシンピラティスは、マシンを必要としますので、専門のスタジオで実施する必要があります。

マシンピラティスでは、体幹を鍛えるのに非常に効率的に効果的にトレーニングが可能です。

また、マシーンの補助を利用して、ピラティス実施における正しい姿勢の習得にも効率的です。

では、次にマシンピラティスにおけるマシンについて解説していきましょう。

マシンピラティスでは、代表的なものはリフォーマーやエンコンパスとよばれるマシンを利用されることが多いです。

リフォーマーとは?

リフォーマーは、身体の一部を部分的にトレーニングしたり、体幹を鍛えるのに、とても効果を発揮する器具です。

「創設者ジョセフ・ピラティスさん」が戦争で負傷した兵士のリハビリテーションの為に病院のベッドを改造・改良して開発した器具です。

昨今では、リフォーマー以外のマシンを利用した、マシンピラティスは普及しています。

その一つが、エンコンパスを利用したマシンピラティスです

エンコンパス(encompass)とは?使い方、効果は?

エンコンパス(encompass)とは、米トータルジム社が開発したファンクショナルトレーニングシステムです。

エンコンパス(encompass)1台で、200種類以上のエクササイズを実施することが可能で、身体の全身トレーニングが可能になります。

このエンパンパス(encompass)を利用することで、筋力強化と身体のコアの安定性を保ちながら、同時に複数の筋肉を連携して動作させることが可能になります。

米国においては、かなり普及しており、日本においても関東を中心に利用するジム・スタジオが拡大しています。

当スタジオは、エンコンパス(encompass)を利用して、マシンピラティスを実施しております。

◆エンコンパス(encompass)を利用したエクサイズ効果・特徴は以下になります。

  • 短時間で、効率的に全身のトレーニングが可能
  • すべてのエクササイズで腹部と背中のコアマッスルにアプローチ可能
  • 筋力の強度と持久力の向上
  • 身体のバランスの改善
  • BMIの改善
  • 代謝の増加
  • 日常の活動におけるパフォーマンス向上
  • 衝撃が少なく、安全にトレーニングが可能

では、どんな感じでエンコンパスを用いたトレーニングを実施するのか?

イメージは以下の動画のようなイメージになります。

さらに詳しいエンコンパス(encompass)のバリエーショントレーニングをしりたい方は、Total gym社のページを御覧ください

当スタジオでは、パーソナルトレーニングにおいて、マシンピラティスを実施しております。

また、エンコンパス使うと、

・自体重全部かけると負担になる方

・体重がある方
・膝などを痛めている方

にも、負荷を軽減してトレーニングできます。

マシンピラティス(エンコンパストレーニング①)
マシンピラティス(エンコンパストレーニング②)

ここのお客様の体調、コンディションに応じて、個別のプログラムを作成し、理想の身体、心になれるように、全力サポートさせていただきます。

バレエピラティストレーナー

3歳よりクラッシックバレエを始め、学生時代には、ストリートジャズダンスやHIPHOPダンスにも取り組む。

大学時代以降、いくつかのダンスサークルを立ち上げ、様々なジャンルのダンスを仲間と楽しむ一方、「どうやったら皆が上手くなるのか」と考え、辿り着いた答えが、
「ピラティスによる、軸(コア)のトレーニング。」

コアセンスは、理念として、若い方から、シニアまで、幅広い方にピラティスを通して、楽しく快適に毎日を過ごしてほしいなぁと思っています。

みなさまの心と身体を、「最小限の力で最大限の効果を発揮できる」
理想の自分に出会えるサポートをいたします。

Pilates Coresense代表 兼 FPTピラティストレーナー

                     TOMOE

3歳よりクラッシックバレエを始め、学生時代には、ストリートジャズダンスやHIPHOPダンスにも取り組む。

大学時代以降、いくつかのダンスサークルを立ち上げ、様々なジャンルのダンスを仲間と楽しむ一方、「どうやったら皆が上手くなるのか」と考え、辿り着いた答えが、
「ピラティスによる、軸(コア)のトレーニング。」

コアセンスは、理念として、若い方から、シニアまで、幅広い方にピラティスを通して、楽しく快適に毎日を過ごしてほしいなぁと思っています。

みなさまの心と身体を、「最小限の力で最大限の効果を発揮できる」
理想の自分に出会えるサポートをいたします。

Pilates Coresense代表 兼 FPTピラティストレーナー

                     TOMOE