ピラティスとは?

ジョセフ・ピラティスが提唱したメソッドで、背骨や骨盤の動きに焦点を当てたエクササイズです。

ドイツ人のジョセフ・ピラティスが、幼少期に自身の病弱な身体を改善するために考案したのがそもそもの始まりです。その後、第一次世界大戦で従軍看護師として看護にあたっていたことで、負傷兵が寝たままリハビリできるエクササイズへと発展。さらに1926年にピラティス氏がアメリカに渡り、そのエクササイズがニューヨークのダンサーに受け入れられたことが、現在のピラティスにつながっています。

筋肉をコントロールしながら使うので、年齢に関わらず、運動が苦手な方でも無理なく安全に行えるのが特長。

身体に負担をかけず、強くしなやかな筋肉をつけることを目的としたエクササイズです。なかでもお腹周りを中心に深層の筋肉を意識して鍛えること、骨盤や背骨、肩など骨格のゆがみや偏りを正しい位置へと整えることに重点を置いています。正しい姿勢へと導くことで、ケガをしにくい身体づくりにも役立ちます。
体の使い方を学ぶ基礎トレーニングとして、多くのアスリートやダンサーにも選ばれています。

ピラティスの効果は?

  • 体の歪をなおし、姿勢とボディラインを整える

ピラティスでは、同じエクササイズを繰り返し行うことで、無意識のうちについてしまった体の癖の矯正や細かな筋肉を強化し、歪みのないバランスの取れた姿勢が形成されます。姿勢が改善すると、ボディラインもスッキリとしてきます。

  • インナーマッスルを鍛え、怪我をしにくい身体にする

体を自分でコントロールできるようになると、怪我をしにくくなります。
ピラティスで安定した体幹を鍛えることで、他のスポーツやダンスでのパフォーマンスも向上が期待できます。

  • 肩こりや腰痛も改善

インナーマッスルが強化されることで、腰痛であれば腰椎を本来あるべき位置に維持して椎間板への負担が減り、腰痛リスクが減少します。
また、痛みの隠れた原因はストレスとも言われており、本来痛みを抑制するシステムを備えている脳がストレスによって機能低下して、鎮痛作用のあるホルモンの分泌が減りわずかな痛みを強く感じるようになってしまいます。

ピラティスの歴史について

初期

ジョセフ・フーベルトゥス・ピラテスは、教師としてのキャリアを開始しました。

教師をしながら、「physical culture」の提唱者として運動の卓越性、精神的トレーニングによるプラクティスを提唱しました。

彼自身の経験と教えを通して、彼は1920年代後半にアメリカ市場に矯正トレーニングのシステムを広めていきました。

ピラティスは1883年12月9日にドイツのメンヒェングラートバッハで生まれました。

1913年に彼はサーカスのタンブラーとしての仕事を見つけてイギリスに旅行しました。

第一次世界大戦が1914年の夏に勃発したとき、ピラティスと彼のサーカスの一団は敵国人として拘留され、

イギリスの西海岸沖にあるマン島で戦争の期間中抑留されました。

彼は、そこに収容されている24,000人以上の囚人のためにキャンプの毎日の健康のため運動をリーディングしたリーダーの1人でした。

この期間中に、ピラティスはフィットネスに関するメソッドを開発し、トレーニング教師としての経験を積みました。

戦後、1919年初頭、ピラティスはドイツに送還されました。

ハンブルクとベルリンでは、フィットネスとコンディショニングに関するメソッドを考案しながら、開業医からも知識を学びました。

ピラティスの考え方は、戦争中の負傷した兵士のリハビリの経験、フィットネスやスポーツへの関与、そして戦後ドイツの科学、文学、哲学、芸術が繁栄した知的な時代によって形作られました。

また、瞑想やモダンダンスと同様に、ハイドロセラピー、トリガーポイントセラピー、呼吸法などのヨーロッパのホリスティックセラピーがピラティスの発達に影響を与えました。

ピラティスは、身体の機能障害や怪我に対処しながら、身体を整えることができる、リカバリー装置を発明しました。

ピラティスのプロトタイプの装置は、最終的に「ユニバーサルリフォーマー」となりました。

1920年代

ピラティスは、ベルリンで有名なボクシングマネージャーのアーサービューロウと一緒にトレーナーとして働いていました。

ピラティスはドイツの憲兵隊を訓練するように頼まれましたが、ドイツ政府が密かに軍隊を再建しようとしていることに気づきました。

ピラティスは、政府の戦争の方向性に反対して、1926年4月にアメリカに移住しました。

当時、ミズーリ州のセントルイスに住んでいた彼の兄弟フレッドと共に、リフォーマー装置にいくつかの改良を加えるのを手伝いました。

ピラティスはまた、当時人気のあったボートの動きを模倣するために、リフォーマーに革のストラップを追加しました。

彼は装置で実行されるエクササイズの広範なレパートリーを模索し、それをユニバーサルリフォーマーと名付け、彼のプログラムを「リカバリーエクササイズ」と呼び、後にそれを「Contrology」と名付けました。

ピラティスが、保育園の教師のアンナクララゼウナーにいつ会ったかは明らかではありません。

クララは、彼のスタジオビジネスを管理することにおいて不可欠なパートナーになりました。

ピラティスは、1929年の秋にニューヨーク市の電話帳にピラティスユニバーサル体育館を最初に掲載しました。

これは、彼が米国市民権を申請したのと同じ年です。

1930年-1950年代

30年代後半までに、ニューヨーク市はダンサーのメッカになりました。

この時代に、ピラテスはダンサーの怪我を「直す」能力で評判を築きました。

ジョージ・バランシン、マーサ・グラハム、ハンヤ・ホルムなどの著名人を含む多くのダンサーが

「ジョーおじさん」を師と仰ぎ、ダンスで負傷した同僚を彼に紹介しました。

ピラティススタジオに来た人の中には、2人の有名なモダンダンサー、ルースセントデニスとテッドショーンがいました。

ショーンはピラティスに、1942年から1947年の間にピラティスが教えたバークシャー山脈のジェイコブズピローでのダンスキャンプのエクササイズプログラムの開発を依頼しました。

ピラティスのシグネチャーマットエクササイズはこの期間に開発されました。

ピラティス は、1934年に彼の著書Your Health、で彼のメソッドを最初に発表しました。

彼の2冊目の本、Contrologyを通じて返すように生命、1945年に出版され、より良い総幸福のための彼の信条を定義しました。

彼は、自分の方法がアメリカの教育機関で広く採用され、教えられれば、個人から社会まで、人生のあらゆる側面が改善されると情熱的に信じていました。

彼のビジョンは、肉体的および精神的に統制がとれたアプローチが、人間の苦痛を排除し、病院、療養所、精神病院の必要性を減し、世界的にポジティブな影響を与えることでした。

「コントロール」は、多くのダンサーのトレーニングとリハビリテーションの中心的な要素になりました。

ダンサーの多くは「第一世代」のピラティス教師(ピラティス自身によって訓練された教師)になりました。

その中には、Carola Trier、Eve Gentry、Ron Fletcher、Kathleen Stanford Grant、Bruce King、Lolita SanMiguelが含まれていました。

多くの意欲的なピラティス教師は、運動セッションと引き換えにジムで働きました。

他の第一世代の教師には、ハンナ・サクミルダ、ジェローム・アンドリュース、ボブ・シード、ナジャ・コリー、メアリー・ボーエンが含まれていました。

ピラティスの他のクライアントは、後にロバート・フィッツジェラルドやジェイ・グライムスなどの教師になりました。

ピラティスの最も近い学生とアシスタントは彼らの姪、メアリーピラティスとアイリーンゼウナーゼロンカでした。

ジョージ・バランシンに紹介された若いダンサー、ロマーナ・クリザノフスカは、1941年から1944年にかけて、ジョセフとクララに師事し、結婚してペルーに移り住みました。

ピラティスは、発明の特許をほとんど所有していませんでしたが、運動器具の設計を続け、矯正用の椅子とベッドのラインを追加しました。

彼の最も有名な発明であるユニバーサルリフォーマーに加えて、空中ブランコテーブル、ワンダチェア、魔法陣、フットコレクター、Ped-O-Pull、ヘッドハーネス、つま先と指のコレクター、脊椎コレクター、ラダーバレル、ギロチンを開発しました。

彼のキャリアを通して雑誌、新聞、テレビで紹介されましたが、彼の活動は、忠実な信者のエリートグループに限定されたままでした。

強力な支持者の1人は、彼の親友でもある、レノックスヒル病院の整形外科長のヘンリージョーダン博士でした。

ジョーダン博士は、多くの患者をピラティスに紹介しました。

ジョーダン博士の生徒の何人かは、彼と同様に著名な整形外科医になり、彼らは患者をピラティス、キャロラ、そして何人かの若い教師に紹介し続けました。

1950年代に、ピラティスは彼の活動が医療および教育システムに受け入れられように活動しましたが、その目標はほとんど成功しませんでした。

ピラティスは、医学界の正常な健康の受け身な定義、予防医学の狭い視野、適切な体調管理の不十分な基準に悩まされていました。

1959年以降、スタジオの建物が老朽化し、危険になったため、スタジオの事業は衰退しました。

1960年-1980年代

医学界に受け入れられなかったにもかかわらず、ピラティスのこの方法は、ニューヨーク大学、ハーレムのダンスシアター、キャサリンダナムスクールなど、多くのマンハッタンの機関に静かに定着しました。

60年代半ばまでに、モダンダンスの振付師は、ダンスのウォームアップにピラティスマットのエクササイズを追加していました。

さらに、ピラティスメソッドはニューヨークから遠く離れて旅行し始めていました。

ジェローム・アンドリュースはパリに、イブ・ジェントリーはニューメキシコに、ロン・フレッチャーはカリフォルニアに引っ越しました。

ピラティスの第一世代の弟子たちは、練習を続け、増え続ける生徒や教師に彼の哲学とテクニックを教えました。

長く生産的な人生を送った後、ジョセフピラティスは1967年10月に83歳で亡くなりました。

クララは1970年に引退するまでスタジオの指導と運営を続けました。

学生、弁護士、友人のジョンスティールは、クララを支援するために合資会社を設立しました。

スタジオビジネスを管理し、彼女の引退後、スタジオを開いたままにしておきたい投資家を呼び込みました。

この期間中、RomanaKryzanowskaはスタジオの運営の責任を引き継ぐことに同意しました。

1972年頃、スタジオは元の場所である939エイスアベニューからニューヨーク市の29ウェスト56thストリートに移転しました。

移転後、スタジオのビジネスは拡大しました。

Kryzanowskaは最初のPilatesStudio、Inc。の50%の株主になりました。

そして、クララは1976年に亡くなりました。

1980年代に、第二世代の教師が全国で活動を広げていき、正式な教師トレーニングプログラムが登場し始めました。

Pilates Studio.Incは経済的困難を経験し、ジムの将来を確実にするために、1980年代半ばに熱心な学生によって2回購入されました。

スタジオは1984年から1986年までIsotonerFitness Centerとして知られていました。

その後、HealiteCorporationに売却されました。

ヒーライトが1989年に破産を宣言したとき、スタジオは突然閉鎖されました。

クライアントと教師は最終的にジムに移り、後にドラゴズとして知られるようになりました。

ピラティススタジオは、この場所から今日まで運営を続けています。

引用:Pilates Method Alliance

 

最近の投稿

レッスン
バレエピラティスの相乗効果について解説!【ダンサー必見】
レッスン
産後ピラティス・マタニティピラティスのやり方は?効果ある?
レッスン
マシンピラティスは効果ある?エンコンパス(encompass)の使い方、効果について解説!
レッスン
【産後ピラティスレッスン】産後や小さいお子様がいるママでも安心!
レッスン
ピラティスレッスン動画
レッスン
【オンラインレッスン】ピラティス
レッスン
鍼灸院にてメディカルピラティス実施中です
レッスン
【パーソナルトレーニング】ピラティス 
レッスン
【産後ピラティス】産後の骨盤矯正はいつ始めればいいの?効果的は?を解説
レッスン
肩こりを解消するためのストレッチ!!
レッスン
ピラティスのレッスン前後の筋肉痛を防止する方法
お知らせ
ホームページをリニューアルしました。

3歳よりクラッシックバレエを始め、学生時代には、ストリートジャズダンスやHIPHOPダンスにも取り組む。

大学時代以降、いくつかのダンスサークルを立ち上げ、様々なジャンルのダンスを仲間と楽しむ一方、「どうやったら皆が上手くなるのか」と考え、辿り着いた答えが、
「ピラティスによる、軸(コア)のトレーニング。」

コアセンスは、理念として、若い方から、シニアまで、幅広い方にピラティスを通して、楽しく快適に毎日を過ごしてほしいなぁと思っています。

みなさまの心と身体を、「最小限の力で最大限の効果を発揮できる」
理想の自分に出会えるサポートをいたします。

Pilates Coresense代表 兼 FPTピラティストレーナー

                     TOMOE